So-net無料ブログ作成
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

怪しい宗教へのお誘い その1 



ZiX2ey186OOqJRG1491268798_1491268992.jpg

それは多少は警戒していました。病気してこんな体(脳卒中片麻痺)になったわけですから・・・。


それは「宗教からのお誘い」です。病気になると、今も昔も近所の親切そうなおばちゃんがやってくる。おばちゃんは心から宗教を信じているのですから、多分親切心なのでしょう。私も一応、先祖代々仏教徒(?多分)。ですが、団体というものは大嫌いです。


でも、その人は息子の一番仲の良い友達の母親なのです。PTAの行事などで一緒になると時々言葉を交わしていました。同じ塾の夏期講座に通ったりしている時は二人をまとめて交代で送り迎えもしていましたのでうちにも時々来られていました。そんな時は、女房とお茶会もしていたようです。


ある日、その人が来られ、私が勝手口に出たのです。わたしの体を見てその方の目が一瞬光りました。「アレ?」と思いました。


それからです。私が一人でいる時間に、これは「自然農法で作られたパスタ」とかいろいろ加工食品を持ってきてくれるようになったのです。


そんなことが何回も続いたある日今度は「自然農法グループの仲間が演奏した音楽のCD」を持ってこられたのです。私はさすがに怪しいと思いました。

「これ宗教じゃないですか?」

「いいえ、あくまで自然農法を行っているグループです。その中に音楽の好きな人がいるのです」


私はすぐに調べはじめました。そしてある怪しい宗教団体に行きつきました。


別のある日はこんなことありました。「すみません。しばらく目を閉じてください」というのです。それで言われるままに30秒程度目を閉じていたこともありました。後日「体調の変化ありましたか?」と聞くので「全然変わりません。ふだんとまったく一緒です」と答えると少し残念そうな顔していました。

nice!(0)  コメント(0)