So-net無料ブログ作成
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

路上編(その1) 30km往復運転で、1週間寝込む 


 ec2701bdff5144e63d9c4cc7363c95c1_s (2).jpg
 
その後、自宅と車で数分の練習場(第3駐車場)までは、
一人でも車の運転ができるようになり、
リハビリ目的(室外歩行)でほぼ毎日通うようになりました。
 
時々市内くらいは運転するようにもなりました。
 
 
運転を始めて2か月くらいたった頃でしょうか、
 
少し自信もついてきて
自宅から片道30kmの隣町のリハビリ病院に
自分で運転して行ってみようと思い立ちました。
 
もちろんキツネ教官(妻)に助手席に乗ってもらいました。
 
 
 
突然「左寄りすぎ!」
 
キツネ教官の鋭い叫び声。
それは初めてのトンネル内走行の時でした。
 
 
暗いトンネル内の走行と、対向車のライトで知らず知らずのうちに左に寄っていたようです。
そういえば、夜の運転は一度もしたことがありませんでした。
 
危ないといえばこのことくらいだったのですが、
 
カーブで体が倒れないよう垂直に保つのも苦労しました。
 
そんなこんなで往復で60km足らずの運転で本当にぐったりして帰宅しました。
 
 
 
それから一週間、
 
あまりの疲労感で、ぐったり。
 
ほぼ寝込んだ状態が続きました。
 
とにかく、脳が疲れ切っているのです。 
 
 
 
「いまの状態では、運転は練習場への往復以外は無理だ!」
 
私は、脳の障害を強く自覚させられました。
 
病気前、片道数百kmを往復することも珍しくなかった私、
 
正直かなり落ち込みました。
 
 
その後1年間、運転は、昼間の自宅~第三駐車場間のみ。
これでは運転を再開したとは言えない状態です。
 
 
脳卒中になると、片麻痺という身体障害だけでなく 、自分の能力(脳力)に疑いを持ち、
 
精神的にも「自信を喪失」します。
 
まさに私にとって、そんな一年間でした。
 
 
 
 
★☆この記事は、あくまで私の個人的体験記です。私の方法が、他の方にも有効とは限りません。従いまして当記事に関して私は一切責任を負えません。ご了承ください。運転はあくまで自己責任でお願いします。

nice!(0)  コメント(0)